この真相が明かされた時なぜ秘密警察に言ったのか…

アンネの日記って御存知でしょうか。

アンネ・フランクが誕生日にもらった日記を隠れ家の生活を中心に書いた話で戦後ですが出版して世界中でも読まれている。
ユダヤ人迫害に追われながら隠れ家に過ごしていたが秘密警察に逮捕されてその後強制収容所でこの世を去った。

所が今朝のニュースで元FBIアメリカ連邦局のがある事を調べると言う。
それがフランク一家など誰がこの隠れ家を密告したのか調査するがいろいろな諸説もある。

隠れ家があったのが会社建物で地下もあって建物内部を知っていたのが大きいと思っているがこの時に社員1人がサボっていましてこれを告げたかも知れない。
偉人漫画でもこの様な事が描かれたが会社に潜入した人がいてこれを秘密警察に告げたかも知れないと言うが何故この様になったのか謎が深すぎると想う。

また、隠れ家の出入口を本棚で隠していた事で見逃していた説もあったがここで仕事をしていた人も怪しいと思ってかも知れない事もあると考えられる。
密告される前は隠れ家の住人などの小物など置いていた事でバレやすくなったと考えられる事もあると思われている。

いろんな謎が多い中どう明確にするか発見もあると考えられる。
今回は新たな資料も加わっていろんな所で調べていくが長期間にわたって調べるので新たな発見もあるかも知れない。

読者には大きな期待を寄せているかもしれないが今まで関連本には密告を告げた人が書かれてないのが多いのでこの謎が解明出来るのか注目も集まる。
2年後に調査結果を出すがどんな感じになるのか気になる所だと思っています。キレイモ

平成と一緒に春も終わってしまうような感じがする

最近春というか初夏のような陽気が続き、

服の上に一枚羽織っていたものが無くなり、

周りの歩いてる人を見ると半袖だけの人も見かけるようになりました。

歩いて辺りを見渡すとついこの間まで満開だったサクラがすっかり葉桜に変わり、

厚木が薄着になって夏の装いの人も見かけるようになり、

季節的にはまだ春ですけど平成が終わるとともに春も終わってしまうような感じがしてしまいました。

八重桜など春の花が咲いていたり、

春の○○という言葉もいろいろなところでまだ見聞きして、

時期も春真っ盛りの4月でまだ春であることは間違いないのですけど、

平成があと数日で終わってしまって夏らしい雰囲気もちらほら見かけるようになったせいか、

もうすぐ春が終わってしまうという感じが強くなってしまいました。

気が付けば平成が終わるまで1週間を切り、

生活は普段と何ら変わることがなく令和になっても何ら変わることがないのでしょうけど、

自分の中では何となく悲壮感が漂っていて何となくスッキリしない気分です。ベルタ酵素ドリンク