8月17日に行われた主な国内外の経済指標発表と国内IPO関連

 8月17日に発表された主な経済指標は国内においては、特にありませんでした。一方で、IPO(新規上場)関連では、9月6日に上場予定であるスマホアプリ提供やスマートホステル「&AND HOSTEL」の共同運営を営むand facotory(アンド・ファクトリー)の仮条件が17日に決定され、2470円から2570円となりました。
 また、インターネット広告のイーエムネットジャパンや保育所運営及び保育士派遣のテノ・ホールディングスのマザーズ市場へのIPO承認が決定され、イーエムネットジャパンは9月21日に、テノ・ホールディングスは9月20日に上場する予定です。

 海外では、ニュージーランド第2四半期生産者物価指数、韓国7月失業率、8月トルコ消費者信頼感指数、ユーロ圏の6月経常収支及び7月消費者物価指数、香港7月失業率、カナダ消費者信頼感指数、アメリカの7月景気先行指数及び8月ミシガン大学消費者信頼感指数の発表が行われました。

 ニュージーランド生産者物価指数は第1四半期0.2%増より伸びが上がって前期比0.9%増、韓国7月失業率は市場予想3.7%より増えて3.8%、トルコの8月消費者信頼感指数は7月より悪化して68.30、香港失業率は7月や市場予想と同じ2.8%となりました。

 ユーロ圏の6月経常収支は季節調整済みで5月より黒字の235億ユーロ、消費者物価指数はコアも含めて市場予想並みの前月比0.3%減、前年比2.1%増、コアが前年比1.1%増となりました。

 アメリカでは、7月景気先行指数が6月の0.5%増や市場予想0.4%増より高く0.6%増となり、ミシガン大学消費者信頼感(マインド)指数速報値は市場予想98.0や7月の97.9より低い95.3で着地しました。大型アイテム購入意欲が薄れ、自動車は2013年以来の低水準になったようです。
 なお、8月コンファレンスボード消費者信頼感指数の発表は8月28日の予定です。

私が思う同業者というか注意点まとめてみました。

 同業者が多いですね最近は多分学生が歳を偽って出展してるのだと思います。クラウドワークスもそうなのですが未成年が登録して販売したり、転売したりしたらそれは犯罪ですしバレた場合は、アカウント停止ですね。というか同業者のほとんどがネットでの拾い画のコラ画像の利用だったり、明らかにこれは使い回しだよと思う画像だったりします。観ればわかりますね。自撮りして自分で編集してる人間は色々と苦労してしっかりと出しているのでわかります。コラ画像全て違反ですのでそれを転売するとか作成する行為も犯罪になります。ですのでやらないでいただきたいと思います。もしそれでもという人はしっかりと20歳なってから自分のアカウントを取得してしっかりやるべきだと思います。無差別にコラ画像をスマートメディアなどに落として販売するのは違反ですし違法行為です。これは、わいせつ罪なるので女の人でも同じです。ダメです女性でも許可とらずして自撮りをROMはダメです。私はしっかりと許可とってますし登録しています。キャッシング 金利 安い