ハリーポッターの植物園のうるさい木のようです

クソガキが泣き止みました。車が止まりエンジン音が聞こえて、子供の声がかき消されているのです。不思議なのが、バイクの遠とや、車のエンジン音で泣くというのではないのです。これが、治安の悪い所に住む幼児の特徴なのでしょうね。
自分よりも、いいものが嫌いとうことです。
どうにかして欲しいですよ本当に。見てもらっても、デシベルではない音ですから。それが嫌だというのです。まあ、空気振動ですね。ほかにも、あるでしょうに、ここまでし付く刻しているというのは、欲しいということかもしれませんね。
困っています。欲深ばかりで。そういえば、知り合いが、誓うの人に、通りすがりに、○○円の家だと、馬鹿にされたようです。もちろん、そうなのですが、言うということは、欲しいということで、買えないということですよね。そこが子供にも伝わっているのでしょうね。しつこすぎます。親の問題ですから。
はいーポッターの植物園のうるさい木のようです。