背景最高のサッカースポーツマンが抱きつく大きな空想

「要求はポルトガル代表でチャンピオントロフィーを手にする事、惜しくもです。」
ポルトガル代表の隊長でもう知る人ぞ知る雰囲気最高のサッカー選手となったクリスチアーノ・ロナウドがウェールズ戦後に記した報告の一つです。
際立つ戦法を駆使したストレスサッカーが誘引で強豪国の一つでもあるポルトガル代表、しかしいままで手にした題名はありません。
やはり題名に近づいたのが2004層、出身ポルトガルで開催されたEURO2004、この大会でも優勝ラインナップと言われながら、決勝戦で二度と前クチコミは激しくなかったものの堅守急速のバリエーションでフランス、チェコと言った強豪をずっと撃破したギリシャ代表に敗れました。
ちなみにこの大会、背番号17を背負いポルトガル代表の一員だった当時19年代のクリスチアーノ・ロナウドはフィーゴ、パウレタ、装飾と言った殆どたる仲間と共に主流としてプレーし決勝膨張に凄まじく貢献しました。
それ以来の決勝膨張、要求まであと一歩、頑張ってほしいだ。