東京の丸善でハヤシライスを食べてみたいです。

札幌の丸善ジュンク堂書店が好きです。本の中に囲まれているだけで、幸せな気分になります。友達へのプレゼントや出産祝いのときには、丸善ジュンク堂に行って、私の好きな本を買ってプレゼントしています。なかなか自分のためだけに本を買うことはできていませんが、自分のためにも買おうと思っています。最近、丸屋商社(丸善の前身)を創業した早矢仕有的さんがハッシュドビーフを考えて、それがハヤシライスと呼ばれるようになったということを知りました。また、今でも東京の丸善でハヤシライスを食べることができるそうです。ネットで調べてみると、豪華なお肉がたっぷりと乗ったハヤシライスが掲載されていました。私は本屋さんが好きですが、東京に行ってもなかなか本屋さんで、ゆっくり時間を過ごすことができていませんでした。今度東京に行ったときには、丸善に行って、自分のために自分の好きな本をたくさん買って、その後にハヤシライスを食べてみたいと思っています。市販酵素ランキング ドンキ

バイオハザード7のYouTubeのプレイ動画の感想

バイオハザード7のYouTubeのプレイ動画の感想について書きたいと思います。親父ゾンビとのワンマン対決第1戦目についてですが、実はハンドガンをいくら打ち込んでも親父ゾンビは倒す事ができないのではないかと思います。早く車の鍵を入手して車に乗り込み、親父ゾンビにダメージを与えた方が勝ちなのかもしれません。むしろ親父ゾンビが、車の上に乗って、鉄筋に追突するイベントに移行した方がクリアも同然です。頭を狙うよりかは、足を狙って親父ゾンビがひるんでいる隙に、車に乗り込んだ方がいいでしょう。親父ゾンビ第2戦目では、鎌を振りかざしてきますが、いくら鎌にハンドガンを当ててもダメージはありません。頭や上半身はダメージを与えにくいです。ショットガンで親父ゾンビの下半身にダメージを与えてひるませた方がいいかもしれません。そして親父ゾンビがひるんでいる間に弾薬を補充できます。親父ゾンビ第2戦目は、ひたすらダメージを与えていけば倒せますが、体力が高いので戦闘開始前までは、よく弾薬を温存しておかなくてはいけません。