学校でのIT教育には大賛成!でも学習塾ではどうだろうか。

学校教育にタブレットが入ってきています。これによって,今まで以上に学校では学習効率を上げられることが期待されています。

一方で,学習塾でもタブレットを導入するところが出てきました。

これについては,私は少し慎重な見方をしています。

というのも,学校と学習塾では目的が違うからです。
学校は,言ってみればこれから社会に出て生き抜く力を養うところです。集団生活から始まり,ルールを守ること,生きるのに必要な知識を養うところです。
今の時代はIT機器を使えることも必要なスキルですから,それを使いながら教科教育を行ってしまおうというのは良いアイデアだと思います。

しかし,学習塾の目的は,学校の授業の補習という側面もありますが,多くは受験での合格を目指している学生を成功させてあげることです。

そこでIT機器を使うことは,使い慣れていない人にとっては学習効率を下げてしまうことにもなります。
教師も教科のプロではあっても,必ずしもITのプロではありません。

したがって,まだ時期尚早なのではないかと思っています。ミュゼ 料金 キャンペーン

物事の捉え方一つで現実は変わってくると思います。

最近、雨が続きます。雨が嫌いな私にとってはとてもブルーです。まず必ず訪れるのが頭痛。痛くてたまりません。何をしていてもズキンズキンい痛みます。このような痛みの場合は、鎮痛剤もあまり効かないんですよね。なのでとても困ってしまいます。次に困るのが洗濯物です。いくら部屋干しO.Kな洗剤だとしても、あの雑巾のような臭いは残ります。カラッと晴天の時のようにはいきません。だから2日連続で雨だと相当にへこみます。一生雨なんて降らないでいて欲しいです。私とは逆に、雨が好きな人もいます・身近では親友のA美です。A美は雨だとアクティブにならなくて済むから好きなんだそうです。家の中でまったりしていても罪悪感など感じずに済むから最高だと言っていました。結局、捉え方一つなんですよね。良いものの視点で物事を見ていたら、全てが好意的に感じます。親友のような視点で物事を見れたのなら、きっと幸せを感じる感度が高くなっていくんだと思いました。私も親友のように、前向きなものの考え方になれるように頑張ります。